ぜん歯科クリニック

虫歯治療

身近だけどとっても怖い虫歯

虫歯って何?

虫歯って何?

虫歯とは、お口の中にいる「ミュータンス菌」という細菌が出す歯垢(プラーク)が原因で起こる歯の病気です。歯垢から酸が出され、酸は歯を溶かしていってしまいます。一度進行すると自然に治る
ことはなく、どんどん進行して最終的には歯を失ってしまいます。治療は歯を削らなければならず、何度も治療を繰り返せば歯の寿命が縮まってしまうのです。

歯を守るためにはお口の衛生管理を行って、虫歯をつくらない、
また今ある虫歯を進行させない環境にする、できてしまったらすぐに治療することが大切です。

C1~4

C1:歯の表面の虫歯

C1:歯の表面の虫歯

エナメル質(歯の表面)が溶け始めた段階です。痛みはありませんが、放っておくと
どんどん悪化してしまうため虫歯部分を削って詰めもの(コンポジットレジン)を詰めます。

C2:歯の内部の虫歯

C2:歯の内部の虫歯

エナメル質の内部にある象牙質(神経を守る壁)まで虫歯が進行している段階です。穴が空いて黒ずみ、冷たいものや甘いもの、酸っぱいものがしみるようになります。治療は虫歯部分を削って詰めもの(インレー)をします。

C3:神経まで進行した虫歯

C3:神経まで進行した虫歯

象牙質のさらに内部の神経まで虫歯が進行している段階です。常に強い痛みがあります。治療は神経を除去した後に被せもの(クラウン)をします。

C4:歯根まで進行した虫歯

C4:歯根まで進行した虫歯

歯根まで虫歯が進行し、歯がほとんどなくなった状態です。神経は死んで膿と悪臭が
出ます。多くの場合は歯を抜き、歯を抜いた後はインプラントや入れ歯で機能を補います。