ぜん歯科クリニック

義歯

一番ポピュラーな欠損歯治療、義歯

歯が抜けたときに行う治療といえば入れ歯(義歯)。現在では、「違和感がある」「噛みにくい」といった古い
イメージを覆す、快適で使いやすい入れ歯がたくさんあります。

入れ歯は部分入れ歯と総入れ歯に大きく分けられ、その中でも保険適用内の入れ歯と保険適応外の入れ歯があります。

保険が適用される部分入れ歯

保険が適用される部分入れ歯

歯が複数本抜けた場合に歯のない部分を補うのが部分入れ歯
です。

保険が適用される総入れ歯

保険が適用される総入れ歯

保険適用の総入れ歯は、床(歯ぐきにあたる部分)がプラスチックになっています。安価で壊れても修理がしやすいのが特徴ですが、分厚くなりやすく、しゃべりにくさや違和感が目立ちます。

マグネットデンチャー(保険が適用されない入れ歯)

マグネットデンチャー(保険が適用されない入れ歯)

マグネットデンチャーとは、従来の金属ばねを利用した義歯(入れ歯)ではなく、磁性のアタッチメントを利用し、磁石の力により義歯をピッタリと吸着させる義歯治療です。このマグネットデンチャーは、キーパーと呼ばれる磁性金属を歯根に埋め込み、超小型磁石を義歯に取り付けて義歯の維持、安定させるというものです。

ブリッジ

ブリッジ

歯が抜けた部分の両隣の歯を削って支えにし、その上に橋を架けるように人工歯を被せる治療法です。被せる人工歯の材料によっては保険が適用されて安価に作成できます。入れ歯のような金属のバネがないため、見た目が自然で異物感があまりありません。入れ歯よりもしっかり噛むことができますが、支えとなる歯を削らなければならず、さらに支えるために負担がかかり、健康な歯の寿命を縮めてしまいます。

義歯それぞれの特徴

義歯それぞれの特徴

入れ歯はバネをひっかけ、ブリッジは隣の歯を支えにするため歯に大きな負担をかけてしまいます。一方、インプラントは顎の骨と人工歯根が直接結合するもの。“根っこ”があるため、自然な噛み心地が手に入り、もちろん他の歯に負担はかかりません。
ですが、入れ歯やブリッジであっても噛む機能を回復させることは十分に可能です。

ぜん歯科クリニックでは、インプラント治療・入れ歯(義歯)・ブリッジの3つの治療の中で患者様にとってよりよいものをおすすめしています。
口内環境やライフスタイル、予算などを考えて最適な治療を選びましょう。