ぜん歯科クリニック

歯周病治療

歯周病とは?

歯周病とは?

歯周病とは、歯垢(プラーク)が引き起こす歯肉や顎の骨など「歯周組織」の病気です。歯垢から発せられる毒素が歯肉の炎症を
起こし、歯と歯ぐきの間(歯周ポケット)から入り込んで顎の骨を溶かしていきます。ブラッシング時の歯肉からの出血、口臭の悪化、歯のグラつきといった症状を経て、最終的には支えである顎の骨を失った歯が抜け落ちてしまうのです。
また、歯周病の影響は口内に留まらず、心臓病や糖尿病などの全身疾患とも深く関わりがあり、影響を与えているとされています。

歯周病の進行

歯肉炎

歯肉炎

歯周病の第一段階は、歯肉が赤く腫れ上がる歯肉炎です。ブラッシング時に歯肉から出血しますが、痛みなどは特にありません。

歯周炎

歯周炎

歯周病の第二段階は、炎症が進んで歯肉の退縮が見られる歯周炎です。歯根が少しずつ見えてきて、歯が伸びたように見えます。そのまま放っておくと歯が抜け落ちてしまう危険な状態です。

治療方法

PMTC

PMTC

どんなに毎日丁寧に磨いていても、できてしまうのが磨き残し。
歯ブラシが届きにくい歯と歯の間や歯ぐきとの隙間(歯周ポケット)には歯垢(プラーク)がたまってしまいがちです。歯垢は歯周病治療の天敵。歯垢をためないこと、また取り除くことが一番の予防と治療になります。
PMTCとは、専用の機材とフッ素入りペーストで行うプロによるクリーニングのこと。歯垢などの汚れを除去して歯をツルツルにし、
フッ素のパワーで虫歯・歯周病になりにくい歯にします。

PMTCの簡単な流れ

1. 歯垢除去 歯科衛生士が丁寧にブラッシングとフロス、歯間ブラシで歯垢を落とします。
2. 磨き残しチェック 磨き残しの多い方には専用の染め出し液で磨き残しの歯垢をチェックします。
3. 研磨 専用の回転ブラシにフッ素入りペーストを付けて、歯の表面や歯と歯の隙間、
奥歯の溝など、細かい部分まで汚れを落とします。
4. クリーニング 水で洗い流し、空気を吹き付けてペーストを落とします。
5. フッ素塗布 歯質強化・再石灰化促進のためにフッ素を塗布します。